こんばんは!

やはり中々ブログが続かない僕です・・・

Twitterで『日本に嫌気がさして、海外でお金はないけど自由に生きてます』的なツイートを見つけて、その人のタイムラインをさかのぼって眺めてたんですが・・・

個人の自由なんで、いいんですよ全然

ただ、なんかそれが『かっこいい』みたいなリプがあったり、『憧れ』みたいな事を書き込んでる人たちがいて・・・

そうなってくると『少し違うぞ』となってきまして


例えば、仕事でも趣味でもいいんですが、一生懸命努力した結果、こんな結果を残せました的なものなら、大いにアウトプットして、それを見て『俺も(私も)頑張るぞ!』ってなるのは、すごく言いことだと思います(やる気とか、活力をもらえますからね)


『社畜』と思いながらも、『責任』や『守るべきもの』の為に一生懸命頑張ってる人たちが『ださい』と言われ、そんな『責任』から逃れて『自分だけ生きてる』人たちを『カッコいい』と言う風潮はまず間違ってる


正直なところ『いいなぁ』って少し思いましたよ・・・(ちょっと疲れてるんでしょうね。)


ただ数秒後には『やっぱ違うわ』ってすぐ気づきましたが


何かと『時代』のせいにしがちですが、歴史をさかのぼって見ても実際、最高の時代ってあったか?って話なんだと思うんですよね

過去を今から見れば、色んな選択肢が見えてくるかも知れませんが、実際その時代からの視点で見ればそうではないでしょうし


今ちょうどワールドカップしてるのであれですが、僕らはピッチを上空(三人称の世界)から何の苦労もなく見てるので、簡単に見えるものも、実際選手の人たちはピッチを走り回り狭い視野(一人称の世界)でプレイしてるわけで、僕らがモニター越しに見てる世界とは全く違うわけで、モニター越しに解説することなんて、極論だれでも出来るのだと


時代に関しても、それと近いことが言えるのではないかと思います


『時代が悪い』と思うなら、その『時代』と戦うしかないし、かつてもそうやって戦い続けて今があるんだと、僕は思います。


確かに、若い世代の人たちにいい土俵が用意されてるかどうか?と聞かれると、素直に『はい』とは言えない時代なのかもしれない。
だからと言って、目を背けても良くなるわけもなく、悪くなる一方


いつの時代もそうだと思いますが、結局『戦う』しか選択肢はないのかもしれないです


ちょっと話は変わって、先日出原さん(シルバーで入って頂いた方)と話をしてて
『私たちが長生きしても迷惑掛けるだけだから』的な言葉があって、僕は『退職後も働いて、給料稼いで、生きて行くために消費して、十分に社会貢献してるじゃないですか』とお話をしたんですが


そもそも、年金を貰えるのは当然の権利で、高齢者の人が増えたから若者に年金が回らないわけじゃないですからね
もちろん、若い世代の人たちが犠牲になってるのも事実ですが

今、年金を貰ってる人たちは、年金を貰える約束を国としたから、国に国民年金なり厚生年金なりを納めたわけで、納めたものを貰うのに何の罪がありましょうか?

歳を重ねて、病気がちになり、医療費がかさんでも、それも国との約束で今までちゃんと税金を納めてきたから当然の権利

何がいいたいのか?

国が約束守れてないだけなんですよね、実際

予測できなかった?なら、議員の給料や経費削ってでも、ちゃんと支払うべき
全部やって支払えないなら、納得できないにしても、まだ情状酌量の余地はあるかと


極論、僕に国の舵取りさせてくれるなら、給料いらないから、住むところ、食べるものだけちゃんとくれればやるけどなぁ
ただし、国益が増えたならボーナスは貰いますけどね!


大分ずれてしまいましたが、要するに、目を向ける方向性が間違ってるんですよね


国が勝手に言ってる箱(枠)に対して、従う必要ないし、そこから逃げる必要もない、今も昔も変わらない、戦って勝ち取るしかないと僕は思うのでした


車とは全然関係ない話ですいません。。。

ただ、この業界もその中の一つだし、どんどん刻んでいけば、個人の生活も同じ事が言えるんです

現実から目を背けずに戦いましょう!

僕はそんな人たちを応援します(力を貰ってます)

※車の方も、折角無料で便利なyoutubeと言うものがあるので、今後在庫車両の詳細画像など、動画でご紹介出来る様に、準備中で御座いますので、こうご期待♪