ホームレスだとか、仙人と呼ばれる人の生き方は、ある意味究極ではないかと……

努力してお金を稼げば、努力の分税金を徴収され、働かなければ、その税金お世話にならざるを得ない

ホームレスは、税金を増やさなければ、減らすこともない

誰に文句を言われる筋合いはない

子孫の繁栄を除く、唯一与えられた「生きる」と言う使命のみの全う

人とも関わらず、誰の為にもならず、誰の邪魔もしない

それは「無意味な生き方」だと言われたとしても、「じゃ、あなたの存在意義はなんだ?」と聞かれて、パーフェクトな解答があるだろうか?

今の社会で誰も傷つけず、誰の妨げにもならず生きていく事が可能だろうか?

社会貢献だとか…と言葉を並べても、結局±0だったりするんじゃないだろうか?

だとしたら、このような「無意味な生き方」を完全に否定出来るだろうか?

極論ですが( ´艸`)

所謂、「生きる目的」以外の欲を除いてしまえば、至る所それになるのでは?と……

±0の視点でみると、どちらも同じで……違うとすると……苦痛の場所?

「生きる事」の理由を、自分以外に転嫁出来ないホームレスは、ある意味究極な気がしますが……

まぁ、神だ仏だと偶像にすがれば、話はまた別ですが( ´艸`)

そこまでの、自己完結の究極みたいな人種が、偶像にすがるとは思えませんがw

書きながら考えてるわけですが……

超個人主義の精神的な世界では……究極かなー?www

ひどいまとめ方ですがw

基本的に綺麗事や世間体が嫌いな僕は、お金(贅沢)と人間に、全く興味がなくなったら……ありえますね……

精神的な病気が増えた?認知された?今日この頃ですが……人が複雑になったのか、その集合体が複雑になったのか?

ホームレスと言う「無意味な生き方」、ある意味の「精神的な原点」を、ならずとも見つめてみるのも、ありかもですね!


「生きる事」が少しは楽になる気がします( ´艸`)


我ながら、あいかわらず強引なまとめ方w

……本題とずれましたが、こっちの方が前向きなので、よしとしましょー(*´∀`)

終わり