こんにちは!
そう言えばPTA会長(小学校)の僕なのですが・・・

メインイベントの卒業式がやって参ります。
(逆に、今までまともな仕事してないけど)

そもそも、PTA会長のやるべき仕事って何だ?って思いますね。

基本的にお飾りで、居ないと機能しない事がほぼないと言う現実
(僕の場合だけかもですが)

会議や集まりの度に、最初に挨拶しますが『皆様、お忙しい中お集まり・・・』ってのが、どうも違和感

僕が保護者を束ねて、PTAを発足させたのであれば『皆忙しいのにごめんね』って本音で言えますが、この会長職なんて当番制みたなもんで、回ってきたら否応なしにするしかないのが現状

要するに、『お忙しい中・・・』って言ってる僕自身も、『皆さんと同じなんですけどね』って思っちゃうので躊躇します

形式だけで気持ちの伴わない言葉ってのが、嫌いなんですよね

そして、基本的に当日する会議の内容もよく分からないまま参加するので、当日の内容にも触れられないと言う(事前に配られた冊子を読んでない僕がダメなんですが)

ざっと目を通した感じだと、毎回思うのは、わざわざ集まる意味ある?

『相談』や『打ち合わせ』なら分かりますが、『決定事項の報告』ならメールで十分で、異議申し立て的なものが発生した場合には、改めて集まればいいのではないか?と思います。

慣例化したものをなぞってるだけな気がしてなりません

そもそも、一般人の僕みたいな人間が、PTA会長をする事が違うのかも知れません
(なりたくてなったわけではありませんが)

本題の、卒業式の祝辞ですが・・・

過去の会長さんの祝辞を拝見させて頂いて、申し訳ないのですが『ナニコレ?』って思いました。
(過去のPTA会長さんが悪いわけではないと思います)

結局『誰に向けての祝辞なのか?』

場を取り繕う感じ(無難にやり過ごす)が、実際求められてるのかも知れません

 ただ、先ほども申しましたが、形式だけの気持ちの伴わない言葉が嫌いなんですよね

どうせ壇上で喋るなら、少しくらい言葉に意味を持たせたい

さて、誰に向けて喋るべきなのか?

児童なのか?保護者なのか?来賓なのか?先生なのか?

過去の会長さんの祝辞を見る限りでは、児童5割な感じですが・・・言葉が小難しく、児童には伝わらないと思いました。つまりは、児童に向けて綴られてますが、形式に囚われ過ぎてただの難しい言葉の羅列になってるのが実情だと

営業をやっていると、言葉というのは、相手にちゃんと理解してもらって初めて意味を持つと思っています。 (僕の口数が多くなるのは、そういう事だと思ってください。おしゃべりだからじゃないです・・・)

形式的な文句は、最初と最後だけにして、あとは砕き過ぎない程度に、僕の言葉で、小学生にも分かる言葉で作っていこと思います(ただ期限が今晩までという)

正直伝えたい事は山ほどあるんですが、尺の問題もあると思うので、どれをチョイスするか迷ってます

シンプルでパンチ力のあるものがいいとは思うのですが・・・

方向性は決まったので、本日はこれを仕上げます


ちなみに、学校批判をしてる気はないですよ
先生方は、一生懸命されてます
ただ、先生がたを型にはめ込み過ぎている、世間や教育制度はいかがなもんかな?と思いますね 

 僕、めちゃくちゃ緊張してしまうタイプなので・・・一番の不安